1. TOP
  2. 診療科案内
  3. 外科

外科

診療内容・特色

当院は九州大学臨床・腫瘍外科の関連施設であり、門司区の医療を担う急性期病院として経年的に有能な医師の確保とともに診療体制の強化を行ってきました。特に腹部(胃・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓など)や乳腺の悪性腫瘍(がん)、その他胆石症やヘルニア、肛門疾患などの良性疾患に対応可能な体制を整えています。日本外科学会指導医4名、日本消化器外科学会指導医3名、日本大腸肛門病学会指導医2名を擁し、質の高い医療を提供しています。さらには臓器別の専門性においては日本肝胆膵外科学会高度技能指導医と日本内視鏡外科学会技術認定医を中心として早期癌だけでなく進行癌に対する高難度な手術を日々おこなっています。
門司区には高齢者の患者さんが多いという特徴も考慮し、患者さんに優しい安全な医療の実践、他職種とのスムーズな連携など、多方面からサポートを提供できるよう心がけており、ご家族にも大事な患者さまを安心して任せて頂けるように日々診療に努めております。

特徴

充実した専門医
各腹部臓器の専門医が揃っています。特に肝臓・胆道・膵臓などの疾患は高度技能医として長らく九州大学病院で高難易度手術に携わってきた高畑が中心となって診療に当たっています。消化器内科との連携により胆道や膵臓の精密な検査から手術、化学療法までを一貫して当院でおこなうことができます。胃や大腸などの臓器においても専門医がおり、さらには、痔核や痔瘻などの肛門疾患および直腸脱については、大腸肛門病学会指導医であり経験豊富な大畑・自見が対応しています。
腹腔鏡(ふくくうきょう)手術
腹腔鏡手術は傷が小さく目立たないことはもちろんですが、身体の術後早期回復を可能にします。当院では胃癌および大腸癌など悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、内視鏡外科学会技術認定医の亀田を中心として手術の9割以上を腹腔鏡でおこない良好な結果を得ています。また、胃では食事を十分に摂取するという大切な胃の機能を温存することを目指した機能温存手術や、QOL(生活の質)を重視した消化器内科との腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)などにも積極的に取り組んでいます。
胆石症や鼠径ヘルニアの手術も原則腹腔鏡で手術をおこなっています。胆嚢炎や虫垂炎などの急な手術となった場合でも腹腔鏡手術が可能です。胆石症や鼠径ヘルニア手術では、お仕事やその他都合で入院期間をできるだけ短くしたい患者さんにはご希望に添えるように対応しています。
個別化治療
消化器内科や病理診断科、放射線科も交えたカンファレンスにより患者さん各々の状態に応じて治療方針を決め、オーダーメイド治療をおこなっています。化学療法室長の自見を中心として入院だけでなく外来での化学療法にも力をいれています。
トータル的なサポート
手術を含め治療中の患者さんに対してはリハビリテーションや栄養指導をきめ細やかにおこない、入院中の筋力低下の予防や栄養状態の改善に努めており、早期の社会復帰の手助けに力を入れています。当院では、看護師だけでなく、化学療法に対しては薬剤師、その他不安や悩みに対してはソーシャルワーカーと密に連携を取り、患者さんの退院後の生活も含めて支援をおこなっています。

主な手術症例
年間手術症例は180~200例で、胃癌、大腸癌、乳癌などの悪性疾患が約80例、その他胆石症、腸閉塞、ヘルニア、虫垂炎、痔疾患など良性疾患が120例程度です。
認定等
日本外科学会外科専門医制度関連施設
日本消化器外科学会専門医制度関連施設
日本消化器病学会認定教育施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本がん治療認定研修施設
日本乳癌学会関連施設

診療のご案内

外科

一般外科 亀井 髙畑 亀井 大畑 髙畑
大畑 小田 自見 自見 亀田
亀田 小田
乳腺外来 栗原
(女性・非常勤)
栗原
(女性・非常勤)
栗原
(女性・非常勤)
  • 手術日:月・水・金 検査日:火・木 午後、急患の場合はご相談ください。

医師紹介