平成30年度 九州鉄道記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 15 24 49 91 254 429 783 633 261
門司区は高齢者が多く、約2/3が70歳以上ですが、整形外科は小児の診療も行っており、地域の中核病院として幅広い年代層に対応しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 29 33.45 20.92 3.45% 88.24
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 処置2なし 25 34.44 15.90 0.00% 79.16
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 16 14.25 13.46 6.25% 83.00
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 14 45.21 19.06 0.00% 79.57
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 10 21.30 6.19 0.00% 81.80
肺炎、気管支炎などの疾患以外にも、関節リウマチなどの膠原病・自己免疫疾患やMDSなどの血液疾患も治療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 288 2.39 2.67 0.00% 68.30
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 52 10.33 10.08 1.92% 80.56
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 40 6.30 5.42 0.00% 61.38
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 22 8.05 7.75 0.00% 64.50
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 21 5.86 8.95 4.76% 82.38
消化器内科では、消化管出血(胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤、結腸憩室出血)などに対して、内視鏡を使用し止血術を行ったり、ERCPによる総胆管結石の治療などを行っています。又、食道・胃・大腸のESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 47 16.87 10.42 0.00% 78.26
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 40.50 20.92 18.75% 88.31
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 15.06 9.59 6.25% 78.94
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 14 11.43 12.15 0.00% 67.50
060295xx99x00x 慢性C型肝炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 2.00 5.88 0.00% 62.69
肝疾患は門司全域からの紹介を受けて、ほぼ全てに対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 6 2.33 3.01 0.00% 72.33
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし 4 8.50 11.01 0.00% 92.00
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 3 5.67 3.15 0.00% 81.33
050130xx9901xx 心不全 手術なし 処置1なし 処置2_1あり 2 48.50 19.58 0.00% 79.50
050070xx99001x 頻脈性不整脈 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病あり 1 57.00 21.21 100.00% 88.00
常勤医が在籍していた4縲鰀6月の統計です。2019年10月より常勤医2名となります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 52 4.48 4.41 0.00% 71.85
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_7あり 定義副傷病なし 39 3.74 4.88 0.00% 74.74
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_7あり 定義副傷病なし 31 3.90 4.80 0.00% 58.10
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 9.39 7.30 0.00% 64.87
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 22 10.23 4.96 0.00% 68.73
結腸癌・直腸癌で短期入院化学療法を行っている患者が多いです。良性疾患で多いのは、胆石症、そけいヘルニアの手術の患者です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 36 74.61 18.92 2.78% 67.92
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 33 71.45 26.30 6.06% 85.45
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 32 53.53 24.26 0.00% 75.34
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 28 23.21 5.68 0.00% 64.00
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 27 28.52 14.27 0.00% 61.74
術後は入院期間を十分に確保し、個々の症例に応じてきめ細やかなリハビリテーションを行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 9 4.44 10.97 0.00% 80.89
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 定義副傷病なし 9 2.11 2.53 0.00% 74.22
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 6 8.67 7.40 0.00% 76.00
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 6 4.83 4.29 0.00% 83.50
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石,異物摘出術 経尿道的手術等 3 4.67 5.64 33.33% 80.67
対象例数は少ないが、平均在院日数は全国平均に比べて短期間となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 20 4.00 2.84 0.00% 75.70
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 12 11.75 5.39 0.00% 76.08
020110xx99xxxx 白内障,水晶体の疾患 手術なし 4 2.25 2.43 0.00% 82.00
高齢者や全身麻酔での白内障手術に対応していますので、入院期間が平均より長くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 8 13.25 9.87 0.00% 46.38
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 処置2なし 6 5.00 3.20 0.00% 43.00
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 5 9.60 6.28 0.00% 47.20
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 2 13.50 7.54 0.00% 43.00
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 2 2.00 2.96 0.00% 47.50
子宮筋腫や子宮腺筋症などの良性子宮腫瘍は、症状が少なく小さければ手術は必要なく経過をみていきます。大きくなったり症状が強いと手術が必要となり、このため開腹手術をすることが多くなります。条件の良いリスクの少ない患者さんは腹腔鏡下膣式手術を行っています。卵巣の良性腫瘍は、ほとんどが腹腔鏡下手術です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 8 2 8 4 8 1 7
大腸癌 9 23 24 166 13 25 2 8
乳癌 20 9 4 18 0 39 1 7
肺癌 1 0 2 0 1 1 1 7
肝癌 8 10 5 6 1 51 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
病期最終決定前のDPC分類による延べ入院患者数のため入院化学療法を行うことが多い大腸癌・乳癌の患者数が多い結果となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 10.87 63.13
中等症 43 17.02 82.02
重症 0 0.00 0.00
超重症 1 79.00 80.00
不明 0 0.00 0.00
大部分は、軽縲恍・剌ヌの高齢者の誤嚥性肺炎です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 6 31.83 90.00 6.67%
その他 9 66.00 80.89 13.33%
発症4.5縲鰀6時間以内の脳梗塞は、専門病院にtPA療法や血管内治療を依頼しています。当院では、発症後のリハビリに力を入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 2 15.00 36.50 50.00% 91.00
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) 1 10.00 69.00 0.00% 69.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 1 113.00 16.00 0.00% 79.00
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 1 44.00 23.00 0.00% 80.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 1 20.00 1301.00 0.00% 79.00
内科入院中に、他科(消化器内科、泌尿器科、放射線科、眼科など)に依頼し施行した手術です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 275 0.15 1.11 0.00% 68.10
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 3.57 10.50 0.00% 82.54
K654 内視鏡的消化管止血術 16 0.63 8.13 6.25% 71.88
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 15 0.60 9.87 0.00% 75.93
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 0.50 4.64 0.00% 71.71
消化器内科では出血リスクがない場合に限られますが、大腸カメラを行った際に治療が必要な病変があれば同意していただいた上で、観察後に内視鏡的治療を行っています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 47 2.72 21.15 0.00% 77.87
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 6 3.67 21.33 0.00% 64.83
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 3 1.00 10.00 0.00% 61.67
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 2 13.50 34.50 0.00% 74.50
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 2 1.00 11.00 0.00% 84.50
肝癌、肝硬変への手術・処置は当院はほぼ全て対応可能です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 4 0.00 7.50 0.00% 92.00
常勤医が在籍していた4縲鰀6月の統計で、ペースメーカー交換を行いました。2019年10月より常勤医2名となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 2.06 6.19 0.00% 63.10
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 4.44 17.89 0.00% 74.83
K6335 鼠径ヘルニア手術 15 2.27 7.80 0.00% 69.13
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 8 1.00 10.88 0.00% 75.88
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 8 1.13 6.13 0.00% 68.00
腹腔鏡下胆嚢摘出術に関しては術後3日目には退院のクリニカルパスを作成していますが、患者希望により平均6日後に退院となっています。腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術は高齢者で進行した患者が多く、術後が長めになっています。鼠径ヘルニア手術は腹腔鏡下手術が除々に増えて術後在院日数が短縮傾向です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 42 3.10 50.21 2.38% 75.93
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 36 1.25 72.36 2.78% 67.92
K0461 骨折観血的手術 31 5.55 85.55 3.23% 84.45
K0462 骨折観血的手術 29 4.69 38.03 0.00% 69.48
K067-21 関節鏡下関節鼠摘出手術 28 1.89 19.36 0.00% 67.46
K0821 人工関節置換術 内訳 膝:35 股:7
K0461 骨折観血的手術 内訳 大腿:23 上腕:8
K0462 骨折観血的手術 内訳 前腕:21 下腿:8
K067-21 関節鏡下関節鼠摘出手術 内訳 膝:27 肩:1
関節鏡視下手術、人工関節置換術、骨接合術を多く行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 9 0.89 13.22 0.00% 84.33
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 9 1.33 6.11 0.00% 73.22
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 3 0.67 3.00 33.33% 80.67
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 2 20.50 43.50 0.00% 71.50
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 1 1.00 6.00 0.00% 90.00
症例の高齢化により、術後日数が長期化している症例がみられます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 32 1.00 4.91 0.00% 75.84
当院では白内障の手術にのみ対応しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 9 3.44 9.22 0.00% 46.44
K867 子宮頸部(腟部)切除術 6 0.00 4.00 0.00% 43.00
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 5 2.60 6.00 0.00% 47.20
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術・子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術 4 0.00 1.00 0.00% 42.25
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 2 1.00 3.00 0.00% 43.50
全身麻酔の手術では金曜日に入院し、月曜日に手術です。このため土曜、日曜日の2日間は外泊していただきますので術前の入院期間が実質の治療期間よりも2日間長くかかっています。脊椎麻酔などでの小手術は手術の当日に入院、翌日に退院のスケジュールです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04%
異なる 4 0.16%
180010 敗血症 同一 5 0.20%
異なる 5 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.28%
異なる 0 0.00%
2セットの血液培養、抗生剤の血中濃度測定などを積極的に施行して、適切な敗血症の診断・治療を行っています。
更新履歴